家作りの第一歩はココから!

マイホーム購入にあたって

夢のマイホームを手にするためには、何をすればいいのでしょう。高い買い物と言われるマイホームは、十分納得して買いたいものです。マイホーム購入方法や注意点などを説明します。

 

まず失敗して後悔しない様に、欲しい物件のイメージを固めます。家族構成や住みたいエリア、交通の便、間取り、一軒家かマンションか、家族で話し合いそれぞれがどんなイメージを持っているのか、希望を出し合って思い描いているイメージを固める作業をします。

 

次にイメージを固めたら、住宅情報やインターネットなどから情報収集をします。様々な物件がありますが、マイホームのイメージが固まっていれば幾つかに候補は絞る事が出来るはずです。また資料などで調べておくと、実際に購入する心構えも少しずつ出来てくるでしょう。

 

情報収集を終えたら今度は資金をどうするのか計画を立てます。自己資金を把握し、そこから幾ら頭金にするのか、住宅ローンは利用出来るかなど具体的な資金計画を立て、無理のない返済方法を考えます。

 

次は情報収集した中から、実際に物件を見に行きます。新築物件の場合、一軒家の場合はモデルハウスが、マンションの場合はモデルルームがそれぞれありますので、間取りや部屋の解放感など実際に生活する雰囲気を見ます。間取りの変更は可能かなどの疑問はどんどん係員に尋ねます。

 

実際に物件を見たら、その周辺の環境をチェックする事も大切です。生活するために欠かせないスーパーや病院、学校など歩いて行ける距離にあるか、駅までの距離や時間、また防犯灯はあるかなど昼と夜の違いも知っておいたほうがいいでしょう。

 

実際に見て希望の物件が見つかったら、まずは物件を押さえるために購入の申し込みをします。申込金として物件の10パーセントを支払い、一定の重要事項説明を受け、契約書に署名・捺印をし手付金を支払い契約は完了です。

 

そして引き渡しがされた後入居出来ますので、新しい生活がマイホームで始まるという流れになります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市